転職関連

【2022年8月最新版】看護師の病院別・施設別・年齢別の年収ランキング!年収を上げる必勝方法とは?


詳しい自己紹介はこちらでしています^^

よりも年収を上げる方法

看護師さんの全国平均年収は491.8万円です。

これは全国の病院・施設・その他事業所で働く、常勤・非常勤の方々全ての年収を平均した額になります。
北海道から沖縄県まで、経験1年目~40年以上のベテランまで、一般職から管理職まで、色々な要素を全て平均した額が491.8万円という額です。

では、皆さんと同じエリア、同じ年代、同じ立場の人は、どのくらいの年収で働いているのでしょうか?
今の年収が適正なのか?もっと年収を上げることはできないか?
そうな風に考えたこと、一度はあるのではないでしょうか。

この記事では年収の比較はできても、年収を上げることはできません。
では、どうすれば年収が上がるのか?

結論は、「看護師専門の転職エージェントを頼って転職をする」です。
後述しますが、看護師の年収はエリアや働く場所、立場によって様々です。
ハローワークやネット上の求人情報は、表示されている給与額に幅がありますよね?
「面接に行ってみたら思っていたより給料が低くて無駄足になった」
「働き始めるまで給与額の提示がなく、実際に働いてみたら思っていたよりも給料が低かった」
というような話は本当によく聞きます。

信頼できる転職サイトに登録し、転職エージェントに求人の選定や給与交渉を依頼することで、手間なく確実に年収を上げることが可能です。

しかし、どのサイトが『信頼できる』のかはわかりませんよね。

現役の転職エージェントである私が、尊宅なしで本当におすすめできるサイトをピックアップして口コミをまとめていますので、年収をあげたい希望の方は参考にしてください。

▼【転職サイトの口コミまとめ記事】▼

看護師向け 転職サイト
その他記事:高待遇には裏がある?今話題の働き方について

▼【高待遇!応援ナースの働き方】▼

▼【副業!ワクチンバイトの働き方】▼

ワクチン接種バイトについて

▼【高給与!療養ホテルってどんな仕事?】▼

療養ホテル

項目別・年収ランキング

域別年収ランキング

各都道府県別・年収ランキング

看護師の平均年収

県別に比較してみると意外性がありますね。全職種で見ると年収ランキングの上位は関東圏に固まる傾向がありますが、看護師の平均年収ランキングでは青森県が第一位です。
その他にも秋田や富山、石川など、ホワイトカラーでは年収ランキング下位のエリアも看護師の年収ランキングで10位以内にランクインしています。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
これは看護師不足が深刻化している地域ほど年収を高くして労働力を集めようとする傾向があるためです。

逆に関東圏であっても、看護師人口と医療ニーズの均衡がとれている群馬県は年収をあげなくても働き手がいるということで年収は低めになる傾向があります。

こうしてみると、一位の青森県と最下位の大分県では135.5万円もの差が出ています。

年収を上げるためには『どこで働くか』ということも重要になってきますね。



代別年収推移

年代別・年収推移

看護師年代別平均年収

年代別の年収を見比べると、新卒から年収が上がり続けますが59歳を境に年収が一気に下がる傾向があります。
これは、60歳で定年を迎え、非常勤としての雇用切り替えとなり常勤で働いている人よりも年収が下がる傾向があるためです。
また、20代後半から30代後半の時期と50代前半50代後半の時期は年収がほぼ上がっていません。
この2つの時期は、子育てのために日勤常勤や非常勤に切り替える時期、年齢が高くなり体力的に夜勤がきつくなる時期にあたるため、その年代の平均年収は上がりづらい傾向になります。

ただ、驚きなのは70代でも平均年収が400万弱になるということですね!
全職種の70代の平均年収は282.3万円ですので、看護師はまさに一生稼げる資格と言えます。





場で見る年収(月収)の違い

役職・性別・施設での給与額の比較

役職別の年収比較

男女別年収比較

施設別月給比較

看護師の施設別平均年収

高年収を狙うなら国立病院
国立病院は求められるスキルの高さからも、他の職場に比べて年収が高い傾向にあります。また国立病院は公務員として扱われ、給与水準が高いだけでなく安定性があるのも特徴の一つ。給与テーブルがしっかりと決まっているため、毎年一定額上昇するようになっています。

介護施設は施設ごとに差がある
介護施設の種類はさまざまで、施設の夜勤有無や経営状況によっても給与が左右されます。
また介護施設は病院やクリニックのように医療提供が優先ではありません。そのため医療機関で加算される基本給以外の手当てがないことからも、全体の年収が低い傾向にあります。



 

とめ

以上が看護師の年収比較まとめになります。
必要な情報は見つかりましたか?
この記事を読まれたということは、現在の年収に不満や疑問があるのではないでしょうか?

・残業は減らしたいけど給料は減らしたくない…

・夜勤はもうやりたくないけど給料は減らしたくない…

・急性期は疲れたけど、回復期・慢性期に行くと給与が下がりそう…

・今の職場の給料って高いの?安いの?

そういった悩みや疑問は無いでしょうか?
悩んだら転職プロに相談するのが一番です!
ただ、誰に相談するかで結果が大きく変わりますので、相談先は選ぶ必要があります。

どこに相談すればよいかは、別記事にまとめていますので、よければこちらを参考にしてください。

▼【転職サイトの口コミまとめ記事】▼

看護師向け 転職サイト