転職関連

【2022年月7最新版】4回目接種/ワクチン接種バイトの正しいエントリー方法【口コミとメリット・デメリット】


詳しい自己紹介はこちらからご覧下さい^^

コロナクチン接種バイトの最新情報

クチン接種バイトは競争率が高い!

私、看護師様の転職支援もさせて頂いておりますが、2021年春頃からお問い合わせが増えているのが【ワクチン接種バイト】の求人です。

ワクチン接種が落ち着いてきた現在でも、求人は出続けています。

この求人、『高時給』『時短勤務OK』『副業OK』など魅力的なお話を聞いている方も多いのではないでしょうか?

でも、ワクチン接種バイトの求人情報を載せているサイトって少ないですよね?
なぜ、こんなに情報が少ないのかご存知ですか?

それは求人がどれも超急募・即充足になるためです。
実際に、私が担当した中規模接種会場の求人は50名の採用枠に2日で100名ほどの応募があり、求人を出して3日で募集を締め切りました。

また、今はワクチンの普及も少しずつ落ち着き、求人枠が少しずつ減ってきたため、求人倍率が上がってきているのです。

求人倍率が高いということは、当然、採用枠を多く確保している転職サイトに登録している方が、採用の可能性が高まります。

そのため、どのサイトに登録しているかはかなり重要です

余談ですが、「ハローワークに行って問い合わせたがワクチン接種の求人がなかった」とお話しされる看護師さんが多くおりますが、ワクチン接種バイトの求人はハローワークでは扱いません。
時々ハローワークのサイトに掲載されている情報は転職サイトが出しているものです。

ワクチン接種は、会場と人員の確保を急ピッチで行うため、求人が超急募で出るため、ハローワークでは対応しきれないのです。

求人を掲載しているサイトが限られている上に、募集は超急募ですから、正しい情報を知っておかないと、求人にエントリーすることはできません。

この記事では、現役の転職エージェントである私が、ワクチン接種バイトのエントリー方法から、仕事内容や働くメリット・デメリットまで、正しい情報を詳しくお伝えします。

【重要】正しいエントリー方法

ワクチン接種バイトの求人はハローワークには出ていません。
求人を扱っているのは、看護師の求人紹介を専門に扱っているサイトになります。

ただ、求人はどこサイトでも紹介してもらえるわけではありません。
前述したとおり、広く募集をかけなくても採用ができる背景から、求人を掲載しているサイトは一部に限られています。
登録先を間違えると仕事を紹介してもらえませんので注意が必要です!

また、サイトによって確保している採用枠が異なるので、23サイトへ登録して、複数エントリーしておくことをおすすめします。

▼採用可能性が高いサイトはこの3つです▼

ナースパワー

高給与求人を多く保有しているサイトです。ワクチン接種バイトだけでなく、療養ホテル求人など稼げる求人の紹介が期待でき来ます。
全国16ヶ所に営業拠点があり、これまでに10万名の看護師さんが利用しています!厚生労働省から認可を得て30周年以上看護師さんの求人を紹介している老舗サイトです。
おすすめ度
運営会社 株式会社ナースパワー人材センター
保有求人数 49628件
特徴 高給与求人保有数では看護師転職サイトの中でも最大級です。全国どこの地域でも仕事を紹介してくれますので、都市部以外にお住まいの方でも仕事がすぐに見つかります。

週末のみの勤務や時短勤務など、副業に適した働き方も提案してもらえます。

▼ナースパワーの【詳細・登録・相談】はこちら▼

MCナースネット

特にコロナワクチン関連の求人を多く取り扱っているサイト。
ワクチン接種の求人だけでなく、濃厚接触者向けのコールセンター業務や療養ホテルの求人など、幅広く求人を扱っています。
おすすめ度
運営会社 株式会社メディカル・コンシェルジュ
求人保有数 14852件
特徴 全国25拠点で展開しているため、地方事情に詳しいコンサルタントが求人を案内してくれます。

ワクチン接種の求人以外でも、コールセンター療養ホテルなどの期間雇用の求人を多数保有しています。求人の数はそれほど多くないですが、求人の種類は豊富にそろえています。

▼MCナースネットの【詳細・登録・相談】はこちら▼

看護のお仕事



業界最大の求人保有数を誇るサイトです。一般的なサイトの約5~10倍ほどの求人を保有していますので、ワクチン接種バイトに限らず、一般的な求人も広く見たい方はとりあえず登録していて損はないサイトです。
全国どこでも仕事の紹介が可能ですので、都市部以外の求人にも精通しています。
おすすめ度
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
求人保有数 126868件
特徴 圧倒的な求人保有数を誇るサイトです。ワクチン接種バイトの仕事以外にも、常勤やパートで良い条件があれば検討してみたいというように、方向性を悩んでいる方にはおすすめです。

とりあえず登録しておけば、希望に近い求人をいくつも紹介してもらえるので、色々求人を見ながら具体的に働く方向性を決めたい方は、登録しておいて損はありません

▼看護のお仕事の【詳細・登録・相談】はこちら▼


事内容について

実際に働いている方たちは、どのような場所でどのような働き方をしているのでしょうか?
私はこれまで全国18会場へ看護師様の紹介をさせて頂きました。
その経験から、働く環境、雇用条件、よくある質問やメリット・デメリットについて細かくお伝えいたします。

接種会場ってどんなところ?

これは、求人によって様々ですが、大きく分けて2種類です。
それぞれの特徴について、ご紹介します。

①大規模接種会場

運営企業が地域の公民館や体育館などの公共施設を借りてワクチン接種を行います。

<特徴>
大規模会場のため看護師の採用枠が多いので、早期にエントリーできればほぼ採用される
ワクチン接種経験者が多く参加するため、未経験でも仕事を教えてもらいやすい
エアコンがない、主催元の対応が乱雑など仕事環境が悪くなることもある
採用される看護師の人数が多いため、勤務日数が少なくなりがち。(副業を検討している方にはgood!)

 

②職域接種会場

依頼元企業の従業員へワクチン接種を行います。

<特徴>
会場は企業内のミーティングルームなどで行われることが多く、快適な環境で仕事ができる
少人数の看護師でシフトを回すため、勤務日数を多く入ることができる
募集人数が限られるため競争率が高い
業務参加看護師が少人数になるため未経験だと仕事を教えてもらえず困惑することが多い

 

雇用期間について

ワクチン接種に従事する看護師さんからいただく質問で、一番多いのが雇用期間についてのご質問です。
よくある質問を、1つずつお答えしていきます。

よくある質問集

Q1.働ける期間ってどのくらい?
求人や会場によって異なりますが、概ね1ヶ月~1ヶ月半程です。
スポットで求人が出ることもあり、私がご紹介した看護師さんは3日間のみの勤務の方もいました。

Q2.社会保険に入れる?
場合によりますが、ほぼ加入できないと思っていた方が良いです。
社会保険の加入要件には、
・週の所定労働時間が20時間以上
・勤務期間1年以上またはその見込みがある
・月額賃金が8.8万円以上
などの要件があり、ワクチンバイトは雇用期間の点で要件を満たしません。

Q3.一度ワクチン接種バイトに参加したら、その後も色々な会場で働けるの?
基本的には求人が出る都度、新規採用をかけます。
一度、ワクチン接種バイトに参加すれば、雇用が継続されて他の会場でも働けると思られる方もおりますが、それは基本的にはできません。
求人が出るたびに新規採用をかけますので、その都度求人にエントリーをして、内定をもらわなければなりません。

働くメリット・デメリット

私は、過去18会場に数十名の看護師さんをご案内しました。
実際に働く看護師さんから聞いた、メリットやデメリットを掲載します。
かなり実態に近い情報ですので、参考になると思いますよ!

<働くメリット>

高時給
会場によって異なりますが、私が扱った求人は最低時給2,000円、最高時給
は5,000円でした。
1日6.5時間の勤務が20日間あったとすると、273,000円~650,000円の収入に
なる計算です。
1会場の参加で終わる方は少ないので、2~3会場参加したと仮定すると、3~4
ヶ月の間で546,000円~1,950,000円を稼ぐことが可能です。

希望する日のみ参加ができる
雇用期間1ヶ月半の間で、希望する日のみスポットで参加している方もいます。
今は常勤フルタイムで働いているから参加できないと思っている方も、シフト
が休みの日を選んで参加することも可能です。
時給が5,000円だとすると、平均日給は32,500円程度ですので、1ヶ月の中で8日
参加できたとしたらそれだけで260,000円の収入になります。

会場が遠くても参加する価値あり
ワクチン接種会場を主催するのは自治体です。自治体としては地元地域の医療を
圧迫したくないという理由から、地元看護師をワクチン接種に参加させたがりません。
そのため、高い交通費を出してでも遠方から看護師を集めようとします。
よって、新幹線代や高速代が支給される求人が多く、むしろ実費以上の交通費が出て
プラスになることもあります。
会場が遠いことも場合によってはメリットになるのです。

看護師同士の繋がりを持てる
看護師さんは、性質上、現職の限られたコミュニティーの中で決まった人とのみ
関わるという方が多いです。
同じ会場に参加した様々な看護師さんと関わることは新鮮な経験になるようです。

 

<働くデメリット>

社会保険に入れない
上述した通りですが、雇用条件的に社会保険の加入要件を満たさない場合が多く、
基本的には社会保険には入れません。
国民保険に加入することになりますので、少し手間かもしれません。

どの会場も超急募のため対応が煩雑
特に1週間で30名~60名の採用を進めるような大規模接種会場の募集では、採用側も
細かいところまで手が回らず対応が煩雑になります。
私が担当した案件でも、勤務日を過ぎてから雇用契約を結んだり、勤務開始前日まで
シフトが出ないという事がありました。

の他の仕事を検討している方へ

高待遇な求人はワクチン接種バイトだけではありません!
ワクチン接種バイト以外の仕事に興味がある方向けに他記事を載せておきます^^

 療養ホテルのバイト

療養ホテル

応援ナース・トラベルナース

<おまけ>バレない副業のすゝめ

看護師の副業

とめ

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。
ワクチンバイトのメリットやデメリットをご理解いただけましたでしょうか?
不明点がありましたら、コメントに書いていただければ何でもお答えします!

ワクチン接種業務の従事者確保は社会課題にもなっておりますので、これを読んでくださった看護師さんが、1人でも多くワクチン接種業務へ参加してくださったら嬉しいです

ここに掲載したサイトは、優秀なコンサルタントが多く在籍している厳選サイトです。
少しでも興味があれば、サイトへ登録をして、まず話を聞くだけでも良いと思いますよ^^

 

スポンサーリンク